一棟売りマンションやアパート経営の収益物件で成功|成功の軌跡

不動産の説明

着実に老後資金を築く

お金

3棟のマンションを保有

最近の社会保障制度を見ていると、自分の老後は自分で守るしかないと思うようになってきました。少子高齢化により、社会保障費が急増しています。このままでは社会保障制度が破綻してしまうため、今後は社会保障費の削減がされることが確実です。支給年金の削減や医療費の自己負担分の増加などの恐れもあるため、老後の生活が苦しくなる可能性があります。そのため、若い時から老後のことを考え、資産を築いた方が良いと思うようになったのです。そこで私が始めたのが、投資マンションによる不動産投資でした。不動産投資を始めたのは、5年前のことです。今では大阪に3棟のマンションを保有しており、着実に老後資金が築けています。その経験から、投資マンションによる不動産投資を多くの方におすすめします。

安定した利益を多く得る

大阪に住む私には、老後資金を築く方法が3つありました。その3つとは、株式投資、債券投資、不動産投資です。株式投資は、最も多くの利益を得ることができる魅力があります。しかし、株価変動リスクが高く、いつ損失を抱えてもおかしくはないデメリットもあります。債券投資は、安定して利益を得ることができます。しかし、その利益は非常に少なく、老後資金を築けるほどではありません。この株式投資と債券投資のいいとこ取りの投資方法が、不動産投資です。株式投資よりリスクが小さく、債券投資より多くの利益を得ることができます。また、不動産投資を始めるための投資マンションの購入がしやすいのも、不動産投資の魅力です。特に私のようにサラリーマンであれば融資を受けることが容易であるため、誰でも簡単に始めることができます。その他、大阪は賃貸需要が高いため、長期間に渡って家賃収入を見込めることも大きな魅力です。投資マンションを購入する際に、大阪に住んでいる地の利を活かせることも安定した利益につながっています。大阪のように都心に住んでいる方には、地の利を活かし安定した利益を得ることができる不動産投資をおすすめします。