一棟売りマンションやアパート経営の収益物件で成功|成功の軌跡

不動産の説明

効率性を求めよう

マンション

レバレッジを効かせよう

投資用ワンルームマンションで不動産投資をしようと考えているのであれば、ローンを活用することを考えましょう。今は金融機関も投資用ワンルームマンションの購入に対して積極的に融資をしてくれるようになりました。都市部の投資用ワンルームマンションは1戸あたり1000万円から1500万円程度しますが、ローンを利用すれば、もっと少ない手元資金で不動産投資を始めることができます。年収などの条件がうまく合えば、50万円や100万円の頭金程度で1000万円や1500万円の投資用ワンルームマンションを購入することもできます。手元資金の拠出を少なくして、ローンを最大限に活用すれば、レバレッジが大きく効き、不動産投資の効率が格段に上がります。

家賃内に収めよう

例えば、年間家賃80万円の投資用ワンルームマンションを1100万円で購入するにあたって、手元資金から頭金を100万円だけ支払った場合、支払った額に対する投資利回りは80%になります。もちろん、家賃収入から得られた現金はローンの支払いなどに回りますが、ローンを完済してしまえば、その後の家賃収入はすべて手元に入ってきます。100万円を支払っただけでいずれは1100万円の投資用ワンルームマンションが手に入るのです。ここで注意するべきことは、ローンを組む際にローン返済額と管理費や修繕積立金の支払額を家賃収入内に収めるということです。このようにローンを組むことができれば、キャッシュフローベースでもプラスとなり、資金繰りが忙しくなることはありません。